私の経験したダイエット

中学生までは何を食べても太るということがなく、初潮を迎えるのも遅くていつまでも小学生女子のような幼稚体型でした。ところが高二の時に、それまで通り好きなものを好きなまま食べていたらどんどん太ってしまい、46キロだった体重が気づけば55キロまでに上がりました。朝登校しただけでお腹はすき、毎日お弁当をすぐに食べてお昼は食堂でカレーライスを食べ、部活もしていなかったので帰りに百円バーガーショップに寄り、またハンバーガーとポテト、コーラを食べ、帰宅しても大好きな揚げ物中心の夕食もしっかり食べた後デザートまで食べていたので、そりゃ太って当たり前だと気付いた私は以降一切の間食をやめたのです。ところが体重はすぐに元通りになると思い込んで辛い日々を2週間ほど耐えましたが、落ちたのは二キロのみ。愕然とした私は本屋でダイエット本を買いあさり、目を付けたのが[たった三日間でいい、お腹のお掃除をしましょう。りんごダイエット]というダイエット法でした。
このダイエットはりんごならば好きなだけ好きな時間にどれだけ食べても良いのです。決行は夏休み。誘惑に負けないため、その三日間は外出もせず家族の食事時間にも顔を出さず、ひたすらクーラーのきいた自分の部屋にこもってりんごだけを食べ続けたのです。
三日目にはフラフラになりながらも達成した瞬間、体重測定をすると本当にきっちり三キロ落ちているではありませんか!もう嬉しくて飛び跳ねる気持ちをおさえる事ができませんでした。ですが客観的に見ると、お腹以外は見るからに痩せた!というわけでもなく、引き続き区民プールへと夏休み中ずっと通い、しかも夜食べるものは来る日も来る日も自分専用の小鍋でお肉抜きの豆腐メインの水炊きにして、しめにはごはんより量が膨れて満腹感を得られる雑炊にしました。結果8キロも痩せました。新学期を迎えて登校したら私の、挨拶をした後、えっ!?と二度見されたり振り返られたりして快感の一言でした。そのまま社会人になるまで体重をキープしていましたが、今度は飲む機会が増えリバウンド。でもどれだけ太っても、りんごダイエットで三キロは落とせるという実績が自信に繋がって、太ればりんごダイエット!を繰り返しています。クリーミューの口コミ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です